Javaが終わるっていうけれど

Javaが終わるって?まだ始まってもいないのに?言語仕様云々の前に、Javaで出来ること、スタートしませんか。

このサイトのアクセスログを見てたら、「Java 終わり やばい」といった、Javaにネガティブな検索キーワードが結構多い(200件)。
う~ん、そんなつもりで書いてるわけではないんだけどなぁ。。。
なにかを増長しているなら、申し訳なく思います。なので、異論反論。

Beyond Java (Javaの次の言語)

いわゆるハッカーさんたちは、最初からJavaなんて相手にしていなかった。型付けがどうとか、クロージャーがどうとか、美しいコードがどうしたとか。そういう高尚な議論は、私のようなごく一般的な業務システムプログラマには、関係のない話です。

そして話題の「Beyond Java」。

私も立ち読みしました。この本は、Javaを使い倒した人物が書いたことで有名。だから説得力ある(らしい)。

本書では、Javaの次はRubyだと述べているけど、じゃあRubyで、今までJavaで作ってきたものをつくりなおすのか?仮に、Rubyが企業システムの中心に入り込んだ未来のことを想像すると、結局Javaのような言語仕様になっているのでは?
プログラミング言語のワガママなんて、企業には通用しません。企業の方が、もっとワガママですから。Javaは、それを全て咀嚼してきました。Rubyは何年かかるのでしょうか。

関数言語がGoogleのようなチョー巨大なインフラに必要な技術だとすれば、Javaもそういう仕様になっていくことでしょう。それに、そんなスパコンみたいなものにJavaを使う必要もないでしょうし。

やはり、この議論は、ほんの一握りの言語学者の議論だと思ってしまうわけです。これに我々が惑わされる必要も、先取りなんかする必要も、全くナイと思います。

Javaは、始まってすらいない

「Javaはもう終わり?」
その前に、「Javaは始まっていたのか?」の方が、議論に値する。

e-Japanのころ、Javaを自治体の共通インフラにしようとする動きがありました。ここ山形ではどうだったかというと、「Javaなんて習得しても仕事がない。なんでVBじゃないの?」という地場SIerからの反発に会い、結局うまく機能しなかったそうです。
そのわりに、山形県庁のサイトは、OSJが持ってきたPlone(Python)だったりする。

 まあ、JavaはCMS弱いのはわかるし、私もPythonは好きだけど・・。
 今の日本で、しかも山形で、Pythonを採用するのは、
 超絶的な戦略があるか、何も考えていないか、どちらかだ。

VBでしか仕事をしたがらないソフトハウスと、JavaがだめならPythonを採用する山形県。なんというか、地場SIerも県も、歩み寄りがナイように見える。両者が会話するために、東京の業者が仲介にやってくる。いったいナゼなんだろう。。。

地場ベンダーが地場の仕事をして、税金を地場に落とす!
県民の血税を、見す見す東京やアメリカに横流しすることはない。
だからe-Japanがあったんじゃなかったのか。ソコでJavaの出番なんじゃなかったのか。(VBやPythonではナイんじゃない?)

私が思うに、Javaはまだ、始まってすらいない。

Javaは終われない だから始めよう

Javaは、終わることができない。
終わったら、MSとAppleを除くほとんどのIT企業が、ゼロベースになるから。そんなの当分はありえない。たぶん、現実だろうと思う。
だから安心して使い始めよう

終わっているのは、ベンダー主体の、戦国のようなJava時代だ。
(終わったんじゃなくて、落ち着いた。)
今こそ、ユーザーが主体になって使い始めるときだと思う。

何がベストか、ちゃんと自分のアタマで考え始めませんか?
よく考えもせずに、行動もせずに、Javaを終わらせてしまうようでは、
いくらRubyが優れていようとも、のちに革新的な言語が誕生しようとも、永遠に何も始まりません。


・・・・・・・・・・・
そうは言っても、私はJava崇拝者ではありません。
意見としては、Joelさんの↓コレと同じ。
  Joel on Software「言語をめぐる論争」
無駄な議論をしてないで、慣れてる言語を使いな。
でもVBやPerlじゃないよね。


コメント

コメントしてください

closed.