山形検索

山形県のWebサイトを全文検索するサイトを立ち上げました。こういう地域限定の検索サイトって、意味があるのかないのか、考えてみました。

やまがたけんさく


http://www.yamagataken.com/
名前はきわめてシンプルに。リンク登録(無料)しているサイトのみクロールしてインデックスしています。ですから、「山形県限定」の全文検索エンジンということになります。

コトの発端

やまがたけんさくの母体は、
 山形県の老舗リンク集「やまがたけんドットコム」
2000年以来(!)運営してきたデザインスクウェア小林氏(ボクの仕事におけるアニキ的存在です)から「このリンク集を活用できないか」と相談を持ちかけられたのがキッカケです。

 大手ポータルや検索エンジンが発達した。
  地域情報のリンク集は、役目を終えたのではないか。
   しかし、SEO対策の場所として残してくれというニーズもある。

 形骸化したリンク集は、むしろ地域にマイナスイメージを生んでしまう。
  残すとすれば、どういう形にすればいいのか。

 県内で情報を共有するサイトは数多くある。
  県外の人が見て役に立つ情報サイトは、少ない。
 どっちから見ても、情報が分散しすぎている。

 大手検索エンジンでは埋もれてしまう情報を
  拾い上げるサイトが必要かも。

と、議事録のように書きましたが、打ち合わせ時間10分。
それじゃあ、全文検索サイトを作ろう。と、あっさり決まりました。

このサイトの存在意義 あるか?ないか?

まだ、わからないですw

ただ言える事は、山形のネット利用は、まだまだこれから。
そして、「ネットが当たり前」の若い世代は、今のリンク集に面白みを感じていない。山形のサイトを調べるよりも、Googleやじゃらんで
「山形 なにがし」と調べた方が情報が豊富だからです。

だったらGoogleだけでいいんじゃないの?と言われると、そうかもしれません。でも今度は、ネット慣れしていない/うまく検索できない/SEO対策を知らない/価値がわからない、そういう(山形の大部分を占める)世代が取り残される。

そこで考えたのが、もしかしたら、Googleを使って遠い見知らぬ世界のサイトにたどり着くよりも、知ってるおばちゃんのニッコリ写真が出てきた方が、楽しいのではないか?ということ。

 楽しい → 使い始める → 作り始める → 発信し始める

そういう流れにならないかな、と期待しつつ、運営に参加していきたいと思います。(自分の商売としては、作り始めようとする人たちをサポートしていければ良いので、やまがたけんさくはボランティア参加、というわけです。)

外向きのベクトル

大事にしたいなぁ~と思っているのは、県外への発信
ディレクトリ型のリンクでは、「名物・名産」を一番最初に持ってきました。(ボクらが問屋をやるわけではないので、お間違いなく・・)

現時点でも、特産品や地酒の通販サイトは、たくさんあります。

  この季節は山菜でっせ!

自分が作ったものは、自分で宣伝して、自分で売る。産地直送!!
そう考えている人は、たくさんいるような気がする。

製造技術も、飲み屋ガイドも、地元の人どおしで情報交換したら、県外に発信したい。そういう外向きのベクトルをもった人たちが力を合わせる場所として使ってくれたら、この上なくウレシイことだと思います。


政治家ばりに

もっと大きいことを言ってみると、地域ポータル同士でユーザーの奪い合いをやっても、あまり意味がないんじゃないだろうか。力を合わせて外貨を稼ぐくらいの意気込みが出てくると、面白いのでは?


まあでも、こういうサイトはどんな風に育つかなんて予想できません。
「こうでなきゃいけない」なんてコトもないでしょうしね。
今までどおりSEO対策として使ってくれてもいいし、何か希望があれば提案してくれてもいいので、どうぞご利用くださいませ。
(・・・あれ、対象読者が変わった・・・)



コメント
山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊
2008/01/11
検索エンジンの帝王・グーグル対策用に、国をあげての
国産の大規模な検索エンジンの取り組みの話もある
ようですからね。
まあ実際に実現しても、時間はかかりそうか・・・

最近テレビで見たのだが、日本の約34%は高年齢者で
日本は年寄りばかりの国だそうで
年寄り向けに考えると需要があるか、ないかに関しては
探しやすいという点においては需要はありますかね~

私も政治家ばりに言ってしまうと
需要があるか、ないかはまずやってみてから考えろ!
と、まあこんな感じかな(笑)

SEO上を考えても有利でしょうから、ありがたく使わせて
いただきました。
                   by1ユーザー
武田ソフト
2008/01/16
遅レスですみません。ご利用ありがとうございます。
まずはやってみろとのご意見、ごもっともだと思いますね。
旅人
2008/02/10
後はせっかく作って、どうやって一般ピーポーに利用してもらえるかが鍵ですかね~

普通の方だと、グーグルかヤフーで検索してしまうでしょうから・・・
いかに山形検索から、検索してもらうかがこれからの課題でしょうかね!いわゆる宣伝というやつとかとか。

ヤフカテ登録済みのようですから、後は観光協会とか何かの公式サイトで利用して貰える状況が整えば、少しは利用者も増えるのかな・・・
武田ソフト
2008/02/12
旅人さん、ありがとうございます。アイディアありましたら、こちらではなく、委員会までご意見くださいませ。よろしくお願いします。

コメントしてください

closed.