バカの100好き×2

200エントリ目。友人たちへのご報告をかねて、自営始めて1年の経緯と、今思っていること、まとめてみます。ブログがもたらしてくれたつながりって、とても大きかったと思う。

1年前に脱サラして自営を始めるとき、

 はてさて、
  全くなんの人脈もナイ田舎で、
   どうやって仕事を取って行こうか・・

と、考えていました。

武田ソフトの初仕事にして自慢の実績w、Cafe de Ryubanオンラインショップ。このサイト、従来のSOHOサイトの枠を超えてると自負してますが、「ウチも欲しい!」と言ってくれる方は、1年経っても、とうとう現れませんでした。

飛び込み営業でも、様々な方とつながりを持つことはできましたが、

 2ヶ月かけて準備した案件が保留になったり、
  いっぱしの企業システムを予算10万円で打診されたり、

と、自営では生きてはいけないほどの打撃を受け続ける。そして、
断る私がいつも悪役・・・。まあ、それも楽しんでますですけどねw

そんなこんなに1年の半分を費やし、
もう半分は、黙々とこのブログを書き続ける日々を続けてました。
もちろん、目的誇り(埃?)を持って・・・


ブログの目的は3つ

●そのうちこのブログが宣伝部長になるハズ。

●自分自身のスキルアップ。

●山形の個人でも人並みにできる。ってことを伝えたい。


ブログ上で立てた作戦

まずは、Ruby on Railsで自作
15分でブログとは言うけれど、バカ正直にRailsでブログサイト作って運用しているバカなんていないんじゃね?と、当時思ったから。逆にそんなバカが話題になるかもな、と。
それと、Flashを自由に取り込みたかったので、自作するしかない。

とはいっても、Flash+Railsという観点の人はあまり多くないので、
JavaPHPなど、パイの多いところも狙って、相乗効果を得ようとしています。

 Javaで検索した人がRailsも、
  Flashで検索した人がシステムエンジニア論も、

など、いろいろ。
(もはや内容が分散しすぎて、器用貧乏な香りがするけど・・orz

とにかく貪欲に、たくさんの人に自分の存在を知ってほしいと思ってます。そういう意味では、ボクはかなりイヤラシイです。


途中経過のご報告

ブログ・ドリブンな出来事が、1年の歳月を得てw、ようやく形になってきました(もちろんソレだけじゃなくて、たくさんの出会いや協力があってこそ、です)。

一つには、ブログ読者の方々からのコミュニティへの誘い
Rails勉強会@東北はそのうちの一つで、こちらで知り合ったxibbarさんとは、同じプロジェクトで共同開発しています。
Java仲間のkobaさんもRails勉強会に参加してくださったり、Rubyつながりで以前どっぷりとご一緒した方と連絡がとれたり、思いもよらなかった動きになってきました。こういうつながりが徐々にでも広がって固まっていけば、そのうち大きな力になるかもしれません。

しかし悲しいかな、
問い合わせをくださる方々のほとんどは、県外から。
そんな中、最高にウレシイのは、地元の若い世代からの反応です。

 「ベンチャーを立ち上げたいのだが、
  希望のシステムを発注できるところがナイ。
  やっとタケダさんを見つけた。」

 「東京で働いてるが山形に戻りたい。
  雇ってくれませんか?」

 「卒業したら弟子にしてください。」

不甲斐なくも、それら全てにお応えできるわけではありませんが、
素直にうれしく思いますし、努力もしなければならないと思います。

「これから」の目線

それにしても、山形に想いのある若い実業家やエンジニアが、東京に出て行かなければならない現状ってのは、全くおかしいと思うし、我々もそういう若者を逃がしてはいけない。

でも今の山形は、そういう若者が活き活きとチャレンジできる土地ではないかもしれない(ココ1年の、正直な実感)。

若者を失えば、衰退するばかりだ。単純な話。
外敵に襲われて、負けてから嘆いたって遅いんだよ。

 山形のとっつぁんがたヨ、
   若いことを否定するな。
     新しいものを否定するな。


あなたたちはもっと、若い力に敬意を払う必要がある。

ボクは、それをやっていく。


コメント

コメントしてください

closed.