エンジニア未来サミット0905を観て

「東京」というキーワードが結構気になったので、東京の派手系SIerを脱サラして地方で細々と自営SIerをやってる立場で、考えたこと書きます。

高井さんのカメラ目線に失禁しながら、第2部、Ust拝見しました。
速報レポート:エンジニアの未来サミット0905

せっかくなので、書く。
自分の立場は特殊でもなんでもなく、同じ道を歩んでいる方はたくさんいる、ということも念頭においていただければ。
あともう一つ、時を同じくして、地元の若いエンジニアから「ITの最前線で働きたい、どうすればいいか」という相談をいただいた(正直、困った)のですが、うまく答えられなかったので、それも交えて自分なりの回答ができれば。

あと、ここは山形、私は36歳です。

「東京」の件(くだり)

 東京でやる意味あるの?
 東京が最前線、地方都市も始まった。
 東京はノイズが多い。
 地方でも仕事ができるけど・・
 Face to Faceじゃないと効率落ちる。
 やっぱ東京

全部賛成だけど、全部反論したい。

どこでも仕事ができる社会を作っていくのがITの存在意義だと思うわけで、それに従事している人が何言っちゃってんの?という気持ち。

「田舎だと仕事がない」と嘆いている人がいれば(それは田舎に帰りたいという気持ちの裏返しだと思うので)、「じゃあ何時になったら田舎に仕事ができるのか」と考えて始めてみると、どうでしょう。

 田舎に仕事ない>エンジニア流出・育たない>仕事つくれない>仕事ない

のスパイラルを解決する方法はただ一つ、東京で育ったエンジニアが一斉に集団帰郷すること。

 エンジニアいる>仕事つくる>仕事育つ>エンジニア育つ

となるじゃないですかぁ、でぇへへへへぇ・・・(*^o^*)


マジメに話すると、自分がやりたいことができているならソコがIT最前線かと。そうでないなら、オレオレ最前線に向かって邁進すれば良い。

オレオレ最前線が見つからないのなら、東京に出るのはとってもいいことだと思います。
自動的に入ってくる仕事や情報が多いので、否が応でも選択肢をたくさん突きつけらて、キャパシティーが上がる。さらにあこがれのハッカーと会話ができたりして、刺激を受けることができる。

で、「ノイズが多い」と感じ始めた頃、たぶんその頃には
「自分が欲しい情報を欲しいときに的確に取りに行く能力」
が備わっているはず。そうなったら、東京にいなくてもたぶん大丈夫。

自分は山形でも必要十分に満足の行く情報が取れているし、
東京もんにヒケをとっている気はしない(と言って追い込んでる)。
それにこの3年で、東北に限らず地方にいる本当に優秀なエンジニアにたくさん出会ってきました。

うれしいことに最近は、あこがれのハッカーが地方行脚してくれてたりしますから、そういう機会は逃さないこと。

 「日本は終わってるからみんなシリコンバレーに行くべき
  って言ってる奴をギャフンといわせる」

を借りるなら、

 「田舎は終わっ(以下省略)」

いや、ギャフンといわせるつもりはない。
「田舎もまあまあやるじゃないか」とは言われたい。

※ふと須藤さんのエントリを思い出したので貼っておきます。
 ククログ - 仙台Ruby会議01


「こういうエンジニアは駄目」の件

ココに関しては、パネラーの「オトナ目線」が若干気になりました。
もちろん、パネラーの意見には全面的に賛同してます、が前提です。

若いエンジニアが、ネガティブになったり、天狗になったりするのは、別に悪いことではない気がしている。封じるのではなくて、それを受け止めてサジェスチョンするのが一山超えたオトナのシゴト。

自分を振り返ると、やはり若いときは好き放題発散していたし、
だからこそ今は少しは落ち着いて考えることができていると思っている。

行動できる素質のある人材は、むしろ大声でdisdisしているエンジニアなんじゃないだろうか。いつ整理が付いて行動に移るかはわからないけど、少なくとも問題意識/分析能力と高いモチベーションは持っている。

そういう一見扱いづらいエンジニアの方が、大化けするハズ
(という仮説)。


でも、30代で整理を付けられない人とは、自分は一緒に仕事したくありません。業界がネガティブな方向に進んでいるように見えるのは、
三十四十のいい大人がまるでガキんちょのようにdisり続けているから、だと感じている。

そういう意味で、パネラーのみなさんは、とっても素晴らしかった。


「バスケット」の件

涙ちょちょぎれた。

私もバスケット好きで、プロジェクトなり会社なりをバスケットに例えることが多い。某SIerへの転職面接で、オレ語ったよ!

 バスケットって、各人が出来ないことがあってはいけないスポーツなんです。
 オフェンスは得意だけどディフェンスは苦手、とかいう選手は穴になる。
 穴があったら、そこを攻め込まれて負ける。
 すべてにおいて平均点が求められるんです。

 しかも、1つはスペシャリストたる技能がないと、
 これまた使い物にならない。
 スリーポイントシューターだったり、ゴール下のフィニッシャーだったり、
 全体の空気を読むゲームメーカーだったり。

 さらにですねぇ、ポジションというものがあるようでないんです。
 誰がどこにいてもいい。誰かが動いたら、呼吸を合わせてみんな動く。
 そういうチームで仕事がしたいんです!

・・テキな。実際はもーっと長かったはず。
それで、面接官が「T字型の人材」っていう話をしてくれたんでした。

「T」の横棒が「広く浅く」、縦棒が「狭く深く」、だそうです。

なんか気分良かったんで、そこに入ることに決めたんでした。でも辞めたんでした、マル


「見渡せば穴がある、穴だらけ」の件

わかります、誰かがやってることをやってもしょうがない的な。

自分場合、対象はソフトウェアではない。
mixiイコールITだとして(www)、mixiの会員って500万人くらい?だとすると、残り1億2500万人は、ITの享受を受けていない。

これはまさに大穴。

そのうちの自分が手伝えるのは、一生かけても50人に満たないだろうけど、自分にとっては最前線ですから、それでいいです。

東京のIT業界なんて、狭い世間だと思っています。田舎で細々とやっている自分の方が、ずっと広いところにいるような気がしている。

言い過ぎたか。。。。でも正直な感覚。
そうそう、浮浪者が無限に自由なのと似ているのかもしれん。


「お金」の件

それなりに稼げていますが、安定してません。安定したいです。

そのために「田舎で仕事作り」に挑戦しているナウ。


同じカテゴリのエントリ
ReactとAWSサーバレスアーキテクチャ / JaSST'14 Tohoku参加してきました / JAWS-UG山形 第1回勉強会参加してきました。 / わにる.jp jQueryブートキャンプ2に参加してきました / わにる.jp HTML5デザインマラソンに参加してきました / TDD Boot Camp in 仙台に参加しました / 田沢湖マラソンふりかえり / RubyKaigi2010の感想 / 新庄市:土内廃校プロジェクトに遊びに行ってきました / 第9回わにる勉強会に参加 / dachas×遊部に参加してきました / CSS Nite in Yamagata vol.2 に参加しました / フルマラソンふりかえり / 仙台Ruby親方会議ふりかえり / 歩くことは基本 / 仙台Ruby会議02に参加しました / 書籍紹介:クレイアニメ&人形アニメを作ろう / 日本Androidの会東北支部発信会に参加してきました / 儲かるRuby? / 919スピーカーズに参加してきました / チェリーボーイジャンボリー / 告知:919speakers / 第1回東北情報セキュリティ勉強会の感想 / 上流工程・品質勉強会の感想 / RubyKaigi2009の感想 / エンジニア未来サミット0905を観て / 第7回わにる.jpに参加して / TDC設立1周年記念感想 / おくりびとロケ地ツアーマップ / TDC1周年記念おめ! / 仙台Ruby会議01参加してきました / こっちでも勉強会勉強会しない? / 勉強会をネットで配信することについて / ラストマン戦略 / 庶民によるIT / 酒田Wifi視察 / やる気だしていこう / 第3回wanir.jpに参加して / 惨敗プレゼン / wanirの告知とブログパーツ / 勉強会駆動型発信力増強法 / 山形でもコミュ二ティしましょう / TDC行ってきました / 東北 Developers Community /
コメント
suno88
2009/05/24
大変興味深く拝読しました。私も長野で独立系 SIer を目指している身なので、「『東京』の件」については快哉を叫びました。

これからゆっくりと過去記事を読ませていただきます。なお、URL 欄には「エンジニア未来サミット 0905」の議事録がありますので、もしよろしければお読みください。

今後ともどうぞお見知りおきを。
武田ソフト
2009/05/25
suno88さん、コメントありがとうございます。
長く情報交換等させていただければ幸いです。
よろしくお願いします。
※リンクありがとうございました。拝読させていただきます。表示されていないのはバグです。直します。
yone098
2009/05/26
私もよくバスケに例えて物事を捉えてますね。

バスケいいですね!
武田ソフト
2009/05/26
バスケいいですね!

コメントしてください

closed.