RubyKaigi2009の感想

とても有益で「得も言われぬいい感じ」に浸れた3日間でした。拝聴したセッションのメモとリンクと、触発されたこと。

1日目

会場入りして早々にMatzさんと名詞交換できるとはなんとラッキー。「まつもとさんと同じで東京きらいです」と言ってやったっ。


■Using Git and GitHub to Develop One Million Times Faster

gitは、add/commit/pull/push/cloneくらいしか使っていない初心者未満なので、branch/rebaseなどの説明はありがたかった。

RubyKaigiのセッション全体を通して教えてもらったことは、GitHubがプログラマにとって革命的な変革をもたらしている、ということ。


■Railsエコシステムの研究

松田さん。Railsはコアメンバー以外のコントリビュータで発展している。日本人にRailsユーザーは多いはずなのに、コントリビューターがいない。ちょっとのやる気で参加できるハズ。とのこと。

ここでもGithubによってオープンソースのコミッターになるチャンスが革新的に増えているという説明がありました。


■Using Adhearsion to Voice Enable your Ruby Applications

AdhearsionAsteriskをバックエンドに音声通話アプリが組めるフレームワーク。個人的に一番ドキドキしたセッション。

バカ高いCTIシステム(コールセンター)が、大企業じゃなくても導入できるようになるのかもしれない。Twitterで"gem install adhearsion"とつぶやいたら、"jsgoecke @takedasoft Enjoy Adhearsion!"ってさっそく捕捉されましたよw

2日目

■Sequel: SQL in Ruby

Sequel。流れるようなインターフェース・ORM・分散DBなどをサポートするDBツールキット。ActiveRecordよりも軽量で、SQLに対してキメ細やかなようです。個人的に好みのフレームワーク、使ってみよう。


■Sinatra: The Framework Within

Sinatraは、Webフレームワークではなくて「HTTPをしゃべるライブラリ」ただそれだけのライブラリ、との主張。

フレームワークのルールに縛られてWebを作るのではなくて、自由なコードを書いて、それをHTTPでラップしたいときに、ちょろっと使う感じがいい。というニュアンスかと思ったけど、合ってるかな?

他、Sinatraをもっと使いやすくするプラットフォームなど。Vegas、Summy..etc


■The innate beauty of Ramaze

Webフレームワーク、Ramaze。ライブコーディングで楽しめました。デモを見る限り、コントローラでViewコンポーネントをコーディングするタイプはちょっと自分には使いづらいかもしれないと思いました。

Ramaze作者は日本在住、日本ユーザーグループもあるとのこと。もうちょっと深くみてみたい。


■Ruby C10K challenge: High Performance Networking

EventMachine/EM-ProxybenstalkdでC10Kを切り抜けた。というストーリー。1200req/sってすごすぎだろう。すぐには理解できない内容だったので、実際使ってみたい。

このサイト面白いとの紹介。あとでじっくり読む:The C10K problem

あと、最近のデプロイ環境は、Thin+NginXの組み合わせが定番(?


■NeverBlock and I/O Concurrency in Ruby

並列の授業のような丁寧なセッションでとても好感を持った。
並列処理の実装方法で、マルチプロセス>マルチスレッド>イベントループ>Fiberと順番にそれぞれの長所短所を説明。
そしてFiberの難しさをラップするNeverBlockというライブラリを公開。


■JRuby Update 2009

既にかなりの実績ができている、という報告。なかでもおおっと思ったのが、JavaゲームエンジンjMonkeyEngineのjRubyラッパjrme
あと、rubyでswing作るmonkeybars、その他いろいろ。


3日目

■ソケットライブラリの改善

1.9ではSocketAPIがキレイになった。IPv6の説明などの詳しいところはわかりませんでした。


■スクリプト言語Ruby

Windowsマシンでunixコマンドが欲しくなったりしたときには、Rubyでちょろっと作っちゃえよという話。

「ないものは自作する」という発想が自分には足りないこと、自作って全然難しくないことにも気づきました。UnixコマンドRubyスクリプト集をあとで読む。

初めて生artonさんを拝めた。ご挨拶できなかったことだけがRubyKaigiの心残り><


※3日目のほかのテクニカルセッションは、ちょっと熱気にアタってしまったのと、障害対応につき観れなかった。



■田舎Ruby親方会議

xibbar呼びかけのもと急遽開催された企画。
昼飯食いながらグチでも言い合うのかと思ったら、そんなことはなく白熱しました。

比較的傍観してしまったのはお許しください。「Rubyでどうして行きたいか」とかって、実のところ、あんまり良く考えていないテーマ。

最後に自分の商売についてちょっとだけまとめることができたのは、

「IT弱者にちゃんとITの良さを理解してもらうためには、
 プロトくらい無料で作ってみせてあげなくてはいけない。
 そのための"10分で作るブログ"だよね?」

的なことを言いました。


■Take the Red Pill

角谷さん
ポエムすぎて入り込めなかった、というのが正直なところですがw、熱意・熱気、影響力、そういったものは計り知れないと感じました。
セッション、ではなくて、みんなで対話をして共感・共有する感じ。
「電波」の意味を知った。

 Ruby(あるいは他のすばらしい技術)を使って、
 その先にある幸せな社会を。

そんな世界を目指すなら、まずはオレたちが楽しまないとね!
ということだったと思います。

そういえば、となりに座ってた新井さんがうっとりと何かを指さしていた。何が見えていたのか今度ゆっくり教えてください。


RubyKaigiで触発されたこと

改めて思ったのは、言語は友達ふやすためのもの。Rubyで友達ふえました>(写真

田舎会議は、自分の社会的役割を再確認する場になりました。
Adhearsionの話もそうで、技術が進歩する分、今まで行き届かなかった潜在ユーザーに行き届くチャンスが増える。ハッカーたちの努力をいかにして非ITの社会と結びつけるかを考えるのがSIerとしての自分の役目。たぶん青森のhummingkidさんが熱く主張していたのも、ちょっと別の切り口の話に流れたみたいだけど、同じテーマだったのではないかと思っています。

とはいえ、とある御仁に「おまえはコミットメントが足りない」と叱られっぱなしなのですが、全くもってそのとおりなのかもしれない、と今回思いました。

そこでGitHubに象徴されるような、緩やかにつながる"エコシステム"なのかな?自分にも何か"コミット"できることがあるのかもしれない。


同じカテゴリのエントリ
ReactとAWSサーバレスアーキテクチャ / JaSST'14 Tohoku参加してきました / JAWS-UG山形 第1回勉強会参加してきました。 / わにる.jp jQueryブートキャンプ2に参加してきました / わにる.jp HTML5デザインマラソンに参加してきました / TDD Boot Camp in 仙台に参加しました / 田沢湖マラソンふりかえり / RubyKaigi2010の感想 / 新庄市:土内廃校プロジェクトに遊びに行ってきました / 第9回わにる勉強会に参加 / dachas×遊部に参加してきました / CSS Nite in Yamagata vol.2 に参加しました / フルマラソンふりかえり / 仙台Ruby親方会議ふりかえり / 歩くことは基本 / 仙台Ruby会議02に参加しました / 書籍紹介:クレイアニメ&人形アニメを作ろう / 日本Androidの会東北支部発信会に参加してきました / 儲かるRuby? / 919スピーカーズに参加してきました / チェリーボーイジャンボリー / 告知:919speakers / 第1回東北情報セキュリティ勉強会の感想 / 上流工程・品質勉強会の感想 / RubyKaigi2009の感想 / エンジニア未来サミット0905を観て / 第7回わにる.jpに参加して / TDC設立1周年記念感想 / おくりびとロケ地ツアーマップ / TDC1周年記念おめ! / 仙台Ruby会議01参加してきました / こっちでも勉強会勉強会しない? / 勉強会をネットで配信することについて / ラストマン戦略 / 庶民によるIT / 酒田Wifi視察 / やる気だしていこう / 第3回wanir.jpに参加して / 惨敗プレゼン / wanirの告知とブログパーツ / 勉強会駆動型発信力増強法 / 山形でもコミュ二ティしましょう / TDC行ってきました / 東北 Developers Community /
コメント

コメントしてください

closed.