Scala本読み比べてみました

Scala本の洋書3冊、比較してみました。優劣つけるつもりはありませんが、どんな人向けかちょっと考えてみました。



       日本語翻訳書




カバーしている内容のページ数などを比較して独断の星取り表作ってみました。

どれも良い本で、△だからといって内容が悪いとかじゃないです
(割いてるページ数が他と比べて少ないとかサンプル少ないとか、その程度)。記述がない部分はハイフン。

好みや見落としもあるので、ホント参考までに。


 
説明の長さ過多 700P適 300P適 200P
GettingStart
ストーリー/読みやすさ
文法
Collections
Class/Trait/Type
関数/クロージャ
パターンマッチ
Actor/平行性
implicit conversion
XML
パーザーコンビネータ-
Javaとの接続--
JDBC--
TDD/ユニットテスト
GUI-
使いどころ/チーム構成の議論-


「B」は後発なのとLift frameworkの作者だけあって、ベストプラクティスな印象です。例えば、他の書籍では「疲れた頃に登場」するOption[T]やfoldLeftの使いこなし方が、序盤で出てきます。
「おおっなんか、すからっぽい」という感じにすぐ浸れる。

「A」は決定版に間違いなさそうですが、日本語翻訳が出ているとはいえ、分厚くてJavaやRubyができる人には回りくどい説明が多い感じ。「ちょっとScalaやってみようかな」という人にはツラいかも。
(クラスとは!とか、いちいち重たい・・w)

「C」は薄いですが、ハンズオン形式で進んでいく上に、PCが無くても読み進められる感じ。Javaをやってる人へのメッセージが多いので、Java使いがScalaやるにはオススメ。あと表紙がモテ属性

"ストーリー/読みやすさ"という項目では、
例えば「B」の章タイトルには

 Collections and the Joy of Immutability

なんてのがあって、おっ、なんか面白そう!という気持ちになれる。文法の説明というよりは、章のテーマがはっきりしてる感じです。
文法書「A」で挫折した人や文法わかってもなかなか手が動かせない人には、実践書の「B」がかなりオススメです(←この一言がいいたかった)。

Scalaでは目玉の一つと思われるimplicit conversionについては、どの書籍も大してページ割いてないんですね。「実業務じゃ使わねーよ」ってことかも。
あとは、どういう場面でScala使っていくか、とか、チームビルディングのヒントなどが言及され始めたのが興味深いです。


文法を網羅したければ「A」、
Scalaっぽさをサクッと身につけるには「B」、
電車とかでオシャレに読書するには「C」がいいようです。


※他、オライリー本が出るみたいですね。


Web版みれます。後発としての魅力があるでしょうかねー。



同じカテゴリのエントリ
1.Lift再入門 / 8.javascriptからsubmitできない / 7.Ajax Form / 6.Radio、Checkboxについて / 5.行列型の編集FORM / 4.サーバーサイドバリデーションとサーバサイド関数 / 3.ログインFORM - S.param使ったら負け / 2.Snippetメソッドとして許される型 / sbt0.12.xで依存jar抽出タスク / scala2.10+lift2.5+NetBeans7.2 / Scalaで入門関数プログラミング / reactive-webを試してみました / Lift2.2M1のテンプレート機能 / Scala Compiler Plugin / View Bound/Context Bound / ScalaZa01参加してきました / Akka Frameworkチュートリアルの次 / Akka Frameworkチュートリアルその2 / Akka Frameworkチュートリアル / LiftでJCaptcha / Url Rewrite Filter / sbt-android-plugin / Android SDK for Scala / 祝Lift2.0リリース / Liftの携帯対応まとめ / Scala2.8への移行 / Lift 2.0-scala280-SNAPSHOT/sbt0.7.1 / Scalaお絵かき環境 - Kojo / Lift+Quartzでバッチ / Scala&Liftを採用した理由 / Liftでdate_select系ヘルパーを作る / LiftでAjax / LiftのSubmitかしこい / lift-mapperのpaginateを使う / snippetをspecする / Lift Mapperを拡張する / LiftのDBをMySQLに / Liftプロジェクト環境を整える / Scala本読み比べてみました / NetBeans6.7&scala / じつはScalaはライトな言語 / Scalaバザ~ル / lift1.0所感 / specsを読む / implicit def / ScalaならNetBeansがサイコー / scala勉強会@東北がスタート / それでも俺はLiftをやるってのか / Scala&Liftセットアップ / ブログリニューアル /
コメント

コメントしてください

closed.