iPhone向け防水ケースを検証してみました

防水.comの商品、イギリスの防水メーカーOver BoardのiPhone用ケースを検証してみました。

Over Boardの日本初正規代理販売をはじめとするさまざまな防水グッズ専門店
防水.com友人が始めたので、商品を支援検証してみました。


上:カーボンメッシュ防水メッセンジャーバッグ
左:MP3プレイヤー・イヤホン防水セット
中:デジカメ防水ケース
右:iPhone防水ケース


MP3プレイヤー・イヤホン防水セット



開け閉め簡単。とめ具のパーツがバラバラにならないので、iPhoneを収めるときの煩わしさはゼロです。内側にイヤフォンプラグ、外側にイヤフォンジャックが付いてます。

iPhoneを収めた状態。




防水バッグ

A4サイズPCがぴったり収まる大きさです。



こちらは入り口を折って水の浸入を防ぐようです。



とりあえず、これをシャワー下において、



防水ケースで音楽聴きながらシャワー浴びてみました。



イヤフォンの耳の穴への吸着は良く、濡れても外れにくいです。

当然ですが、写真はデジカメ用防水ケースの中から撮ってますっ


次、沈めてみました。



とめ具のところに溜まってる気泡が出ますが、それ以外はギューギュー揉んでも空気はもれず。全く危なげない感じです。



ケース上からの操作。細かいキータッチも問題ないです。
写真はかなぶんをやってるところ。

これは良いっ、デザインもいいですよね。

最後にPC入りのバッグを水没させてみました。



基本浮きますが、無理やり30秒くらい水没させてると、じんわり内側に水入ります。水没は避けたほうがよさそうです。
雨が降る程度では全く問題ありません

特に防水ケースの安心感はすばらしく、価格もお手ごろ
音楽を聴かない人は、iPhone防水ケース2,980円で十分かと。
腕に巻けるタイプと紐でぶら下げるタイプがあるので注意です。

オープンが今年の海水浴シーズンに間に合わなかったのは残念!でしたが、亜熱帯化が進みスコールが各地を襲う昨今、
そしてスマートフォンや電子書籍(iPadサイズのケースもあるようです)が普及して風呂で電子機器を弄りたい人も増えてる中、このブログを読んでくださってるみなさんには待ってました!のアイテムではないでしょうか。

ただ日本ユーザー向けなら、もっとカラーやサイズのバリエーションがほしいところかも。ユーザーが増えたら日本向けの商品開発なども考えてくれるそうなので、防水.com応援しよう!


コメント

コメントしてください

closed.