Enterprise Integration with Ruby

「Enterprise Integration with Ruby」なる書籍が出てくるようです。うまく表現できないけど、とにかく驚いてます。

うわ、出た!

と、正直、寒気にも似た驚きを感じました。「喜び」でもないし「落胆」でもないし・・・なんでしょう、この感覚?

Pragmatic Programmerから出版されるようです。
 Enterprise Integration with Ruby
目次などを見てみると、どうも色合いが、JDBCやソケットを解説していたころの「初期のJava本」に似ている。いや、内容ではなくて、このタイトルが企画されたことに、驚いているのですが。

Rubyにも企業システムが作れるだけのAPIがそろっていることは事実ですが、それをあえてこのタイトルにしたのは、これが初めてなのではないでしょうか?しかも「Application」じゃなくて「Integration」ですからね。
PHPがJavaに追いつけ追い越せと頑張っているように見えていましたが、それでもPHPで同種の書物って見かけません。これだけ企業で活躍しているPerlでも、私が好きなPythonでも、やはり見かけません。


とにかくすごいことのような気がします。
何がすごいのかって言われてもうまく説明できないですが、んー。


コメント

コメントしてください

closed.