2006年 UML講師やります

高校のUML講師を務めることになりました。なかなか難しそうな仕事になりそうです。良いアイディアを持っている同志のみなさん、お助けを。

多くの方々のご好意により、山形県のとある高校でUMLの講師をやらせていただくことになりました。期待と不安が入り乱れる、と、まるで高校の入学式のような、甘酸っぱい気持ちです。

UMLの理解や、それを人に教えること自体は、自信はあります。でも、高校生にスパルタ的にチャートを叩き込んで、OMG資格とったとしても、それが何の役に立つかと言われれば、疑問だったりしています。

ところでみなさん、UMLっていつ覚えました?

少なくとも私は、IT業界に入って、一通りのシステム開発プロジェクトを経験して、かつ、オブジェクト指向言語としてJavaを使いこなせるようになってからです。だから、UMLもすんなり受け入れることができましたし、便利なものだと感じることができました。

JavaとUMLを両方うっすらと理解できた段階で、デザインパターンを絡めて、相乗効果的に、お客さんとの相互理解や効率向上を深めていく。ほとんどの人は、こんなプロセスを踏んでいるのではないでしょうか。

なので、私の感覚としては、開発経験のない高校生がUMLを学ぶのは、時期尚早な気がしてしまうのです。

そうはいっても、昨今のコンピューター専門誌では、あたりまえのようにUMLが使われています。UMLが読めないと、プログラムの勉強すらできなくなりつつある気もします。


鶏と卵みたいな話ですが、どっちを先に学ぶべきなんでしょうね!?

考えねば。。


今のところの考えでは、UMLとオブジェクト指向言語と開発プロセスは、いくらそれぞれの内容が広く浅くなったとしても、同時に学ぶべきだろうと思っています。

開発プロセスを知らなければUMLを使う意義なんて理解できないでしょうし、オブジェクト指向を知らなければ、UML用語なんてチンプンカンプンでしょう。UMLを知らなければ、オブジェクト指向言語の書籍は読めません。

そのわりに、世の中にそれらを同時に学べる講座や書籍って、あんまりないのかもしれません。そういう意味では、もしいい感じで講座を終えることができたら、面白い資料になるのかもしれません。(「かも」じゃなくて、そうしなきゃいけないのですが。)

自分の覚え方がそうだっただけであって、それを押し付けていいものか?などという不安もあります。もしどなたか、UMLの習得方法にご意見があれば、アドバイスください。

自分が勉強してきたことを若い人に伝える機会をいただけただけでも、とてもうれしく思いますが、自分にとってもかなりチャレンジングな課題をいただきました。がんばろう。


コメント
monya
2006/09/13
こんにちは.
UMLの講師ですか.いいですね,私が受けに行きたい(^^;;
きちんとした開発プロセスを経験してないのでUMLはわからないまま来てしまいました.本など読んでみてもピンとこないままです.必要性が身にせまらないとこんな感じかもしれません.
ただ,小説形式の「実録!オブジェクト指向開発プロセス」(技評,RUPについて主に書いてある本です)を読んだ時は,ああ,こういう風に役に立つんだなーと多少イメージできました.
小説形式とはいかないまでも,仮想プロジェクトみたいにして,手を動かしつつ進めていくと,わかりやすいかもしれないですね.
武田ソフト
2006/09/13
monyaさん、ありがとうございます。

# 必要性が身にせまらないと
そこなんです。「なんでUML?」というところを実感できないと、学ぶ気もしませんよね。言葉で伝えても、右から左へ抜けてくでしょうし。なので、

# 仮想プロジェクトみたいにして,手を動かしつつ
これは私も必須だろうと思います。なるほど、良いヒントをいただきました。
osaru326
2006/09/13
お元気そうで何よりです。

UMLの講義ですか。最近は高校でもいろいろなことをやるのですね。講義がうまくいくことを願っています。そして是非良い教材を作り上げてください。

ところで、UMLでも言語と密接な関係があるもの(クラス図等)と、開発プロセスと関連が深いもの(ユースケース図等)とに分かれると思うので、どこから手をつけていいか悩みますよね。やはり言語から入ってクラス、シーケンス図から学ぶ方が無難でしょうか。開発プロセスから入ると、それこそRUP, UP, MDAといろいろあるし、ベンダー依存になってしまいそうですし。
武田ソフト
2006/09/13
osaruさん、元気にしてます。
やっぱり、言語とクラス図をリンクして考えてもらうのが、
「入るきっかけ」としてはスムーズですよね。直ぐに納得できるというか。うん、これも良い案だ。
UMLの教科書はユースケースから入ることが多いけど、それだと、ツカミが弱い気がしてます。特に若者にはw
den8
2006/09/13
ご無沙汰しております。
いつもブログ楽しく見させてもらっています。

僕の場合は、UMLを学習するぞって感じではなかったと思います。
書籍で学習したり、開発に入ってる上で出てきたので、いつのまにか読み方を覚えてたという感じです^^;

順番的には、最初は実装担当だったので、やはりクラス図やシーケンス図に最初に触れたと記憶しています。プログラミングも一緒に学習している学生さんなら、やっぱりクラス図、シーケンス図から入るのがとっつきやすいのかなぁと思います。

あまり参考にならないかもしれませんが...m()m
武田ソフト
2006/09/13
den8くん、お元気ですか?

#いつのまにか読み方を覚えてたという感じ
そうそう、私もまさにソレです。自発的に教科書暗記したわけではなくて、外部(書籍やオープンソース)から入ってくる情報を見ているうちに、いつのまにかって感じです。
そういう感じを出せればいいなぁ。わからないところはリファレンス見ればいいだけですもんね。

コメントしてください

closed.